digital space

コンピューター、プログラム、ウェブサイトなどデジタルに関する情報のまとめとこのウェッブサイトの設定のメモ書き

遅ればせながらApple Watchを使い始めて

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

最初はあまりApple Watchは、使いたくなかった。腕時計はつけない主義だし、時間なら携帯を見ればいいという考えである。それにApple Watchは、厚さがあって腕に違和感が出るのではと思っていた。 今回つけ始めたは、不整脈をしばしば感じるようになった。歳のせいもあるだろうと思ったのだが、そう言えば、Apple Watchは、脈も測れるし心電図も取れるという話だった。それなら健康のため、自己管理のために、Appleが好きな自分もつけてみようと思ったのである。

さて、 肝腎の心拍数であるが、確かにつけていると計測できている。ただ、充電が一日持たないことが多いので寝ている時に充電となる。そうすると睡眠時の脈拍はモニターできていない。充電は1-2時間でフル充電になるので、充電するタイミングを考えれば良いかもしれない。 そして心電図は、試そうにも、この地域(おそらく日本)ではできないらしい。何らかの別のデータ処理が必要なためだろう。残念である。 しかし、突然立っていた時に倒れて、立ち上がらないと救急に連絡できるらしい。実際できるかは、"試していない"のでわからないが。それも一つの保険みたいでいいのだが。

それ以外には、ライン、ショートメール、メッセンジャー の通知が見れるし、簡単な内容が画面で見れるのはいい。いちいち携帯をのぞいているのは、仕事中は憚られるので。 一番良かったのは、アクティビティである。1日の立っている時間、消費カロリー(ムーブ)、エクササイズが計測できる。このコロナの流行期間、家にいることが多いので、自分の運動不足を痛感し、夜歩くようになった。これがまた習慣になってくる。子供じみているがと思えてしまうが、到達毎のバッジが楽しみになってくる。何か張り合いになるのである。これで、運動量が保てているところもあり、よく考えられている。 あとは、天気予報が時計を見ると一眼でわかるのも良い。これは便利である。なかなか携帯でも意識して天気予報のところに行かないとみないのである。

タイマーもすぐに設定ができて、カップラーメンを食べる時などすごく便利である。 Appleのマップでは、ナビモードにしていると、曲がるところを振動で教えてくれる。なかなかタイミングよく教えてくれる。 クイックペイもApple Watchでするようになった。携帯を取り出すのも面倒になった。 そう言えば、携帯を探すこともできる。特に自宅で携帯をどこに置いたかという時に、Apple Watchは携帯のアラームを鳴らしてくれる。 磁石もついているし、今まで携帯を出して方向を調べることもなくなった。

まだまだ思い出せない便利なことは多いのだが、 Apple Watchを使い始めて、携帯を見る時間がかなり減ったのである。 Apple Watch、iPhone, iPadPro, Macbook Proと所有している私にとって、iPhoneの重要性が減ってきた。簡易の情報端末は、Apple Watchに、画像を見るときは、iPadProにとなってきたので。当然iPhoneは電話機能など必要不可欠であるが。つまり高機能なiPhoneが必要ではなくなってきた感じである。 これからも、Appleの製品動向を見ながら、一番便利な使い道を考えていきたい。

Dreamweaverの使い所は?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Dreamweaverをずっと以前から使っているのだが、なかなか慣れずあまり使わなかった。代わりに、MovableTypeでブログを作っていることが多かったのだが。

最近、再度MovableTypeを使い始めて、サイトのデザインにもこだわるようになってきた。その時にDreamweaverも使うことが増えてきた。それで、以前からDreamweaverが慣れないところがやっとわかってきた。

Dreamweaverの考えられる長所もしくは機能 

1.FTP機能も付属していて、常時サーバーにアクセス、アップロードが簡単である。サイト内のファイルの連携を自動で行ってくれる。

2.HTML,CSS,JSなどのスクリプトを描く時にスクリプトを書く補助を行ってくれる。

3.HTML、CSS編集中に、ライブでサイト表示がチェックできる。そしてメディアクエリでは、ブレークポイント緑と紫のバーで見やすい。

短所 サイトの管理設定が煩雑で理解しづらい。

サイト開発毎にアップロードするサーバー毎にFTP設定しなくてはいけない。でも最初はアップロードするサーバーが決まっていない。または、HTML,CSSの練習では、設定する必要がない。それなのに、サイト管理をせってしないと、なぜかうまく機能しない。つまりHTMLやCSSを練習したい人にはここで最初でつまづく。僕もそうだったし。

そしてファイル内の連携。これがまた全てをチェックするので、ファイルが膨大になると非常に時間がかかる。大きなサイトでは、ファイル連携は、いちいち書き込んでいなくて、ワードプレス、ムーバブルタイプのようなCMSで行っている。

疑問、課題

テストサーバーにアップロードして確認することはあるが。開発中に常時変更データを上げることがあるだろうか。まずはPC内で、確認。その後テストサーバーにアップロード。各端末で確認という作業の方が多いのではないだろうか。

サイト管理以外にFTPを使うのは一般的になってきたので、わざわざスクリプトエディターにFTP機能がなくても良い。

スクリプトエディターとして、後発のVisual Studio Codeなどの無料であり、しかもプラグインが豊富なソフトが出ている。そしてライブで見るのも、そのままクロムで表示できる。

というところで、徐々に、Dreamweaverの使い所がどんどん減ってきている。

そもそもこのレイアウトは、ジャンボトロンにバックグラウンドを設定しているレイアウトだった。これは全くうまくいかないことがはっきりしてきた。ジャンボトロンも、表示するデバイスによって設定を変えているようだし。

background:url()を使ったフロントレイアウトで、うまくタブレット、携帯で表示されない。imageデータのせいではないようだ。dpi設定を変えても全く反応が変わらない。background-imageを使うと画像が表示されない。これはジャンボトロンとどこでコンフリクトしていそう。

やっと解決!!

background-attachment: fixed;とbackground-size: cover; を使うとスマホで正しく表示されない

スマホの場合、background-attachment: fixed;が効かず、固定にならない状態でそのままスクロールする現象やbackground-size: cover;で正しく拡大されないなどの問題が発生します。その対策として擬似要素を生成してその擬似要素を、z-index: -1;で背面にまわし、position: fixed;で固定させることで対応する手法があります。モバイル表示の用に下記のCSSを追加します。

クエリを使った方がいいのか?これは正解であり、少し間違い。

細かなクエリで表示画面を設定して、PC、スマホに分ければいいのだが。タブレットは、スマホのブラウザである。特にiOSのSafariはあまりそのところは対応していないようだ。iPadProを使っていて、横にして表示するとPCのサイズくらいあるから、結局全て、スマホの設定でするしかない。

background-attachment: fixedは使えず ::beforeで、z-index: -1; position: fixed; display: block; background-size: cover;で指定しいくのが今のところ無難。スマホのブラウザ対応が良くなればいいのだが。

さてさて、ここまでは良かったが、スマホ iPhoneだけは設定がうまくいかず。メディアクエリで、画像サイズも小さくしてやってみたが、ダメである。もともと、googleの宣伝が上についているので、それが原因の可能性もあるか。

Movable typeでウェブページの記事をメインページに表示する。

ウェブページに記事を作りタグを@homeにする。
メインページに以下の記述をbody の中に入れる。

<div class="content">
<mt:Pages tag="@home" lastn="1">
<h1 id="page-title" class="asset-name"><$mt:PageTitle$></h1>
<$mt:PageBody$>
</mt:Pages>
</div>

Google Adsense でどこで広告を設定する仕方

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Google Adsense でどこで広告を設定する仕方をもう忘れていた。再度思い出したので、メモ書きを。

Google Adsenseページ

左サイドバーにある

広告/サマリー/サイトごと, 広告ユニットごと,全般設定 で簡単に作れた。

サマリーの下にあるカスタムチャンネル、URLチャネルは使わないな。

新しいサイトのためにサイトを追加する予定

やっと実感した。
プロフェッショナル ウェブサイト 1.11が、Movable Type 7 で使えないのを。
久々に使ったので、聞いていたけど。あまり気にしなかったのだが。
MTCommunityScriptがもう廃止されていて、ブログインデックス、アーカイブインデックスでは構築できない。
要は、Movable Type 7 では、コミュニティ機能が同梱されていないため利用できません。と出る。

コミュニティ機能はもう単独のブログでは必要ないだろう。確かに。
これは、Facebook, Twitter, Lineに置き換わっているよね。
これからのブログの機能は一体なんだろう。

CMSとしては、データの入力、出力に特化していると言えるんだけど。もう一つ何かがいるよね。

Movable Type7に変更してから、再構築中にエラーが発生。
カテゴリ"  "の再構築中にエラーが発生しました: テンプレート「カテゴリ別記事リスト」の再構築中にエラーが発生しました: <mtinclude>タグでエラーがありました: 「記事一覧」というモジュールテンプレートが見つかりませんでした。
ネットで調べたら、「Entry Listing」は「記事一覧」と日本語訳されていたのに、MT7「Entry Listing」 は「記事リスト」と日本語訳されていた。
結局これは、MT7の仕様の問題である。
Entry Listingの訳が、記事一覧とされているのに、MT7では、記事リストになっている。
記事リストのモジュールを記事一覧にすればこの問題は回避できる。

MT7からの解決はできないのだろうか。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000Xソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000Xの使用感

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X
ハイレゾ/Bluetooth対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル ブラック WI-1000X B

どうしてもアップルのairpodは、外出時走ったりすると落ちる可能性があるのでつけにくいし、いつも耳への装着を気にしていなくてはいけない煩わしさがあったのだが。
音質は、コードがあるイヤホンの方が圧倒的に音質はいいと思うのだが、 ワイヤレスでハイレゾ相当の高音質がでるので満足している。

僕はiPhoneとiPad Proでペアリングを切り替えるのだが、なかなか思った通りにiPhoneとiPad Pronのペアリングを切り替えしてくれない。どうしても以前にペアリングしている方を記憶しているからだろう。
8台までの機器とペアリングできるマルチペアリングに対応していると書かれているのだが、同時に音楽を流すことは無理なだが、iPhoneは電話機能につないで、iPadproで画像の音楽を聞くことができる。(マルチポイント)
ただ、どちらから音を出すかがまだ思った通りにペアリングできない時。できない時は、イヤホンを再度Offにして、ペアリングしたい方の接続をクリックしてペアリング相手を探している間に、これをOnにしてペアリングできるようにする。
それでもダメなら使わない機種のブルーツースをオフにして、使う方の接続をクリックしてからこイヤホンをOnにする。

ノイズキャンセリングは時々しているなと感じるくらいである。別にノイズキャンセリングしているかどうかは問題にしていないのだろう

ペアリングしているスマートホンでのSiri/Google Nowなどのスマートフォンの音声アシスタント機能を起動できる。まだまだシリをあまり使っていないのでこれから試して見るか。
使用していない時に収納する場所に困るのは確かなんだが。首にかけていてもそれほど気にならないんだが。
バッテリーの時間は問題ない。ただバッテリー充電中は使えないのが残念。

WF-1000X アップデートは、http://www.sony.jp/headphone/update/20171130_WF-1000X_ios.htmlにある。

macOS High SierraにブートキャンプでWindows10を入れる方法。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

macOS High SierraにブートキャンプでWindows10を入れる方法。


macOS High SierraにブートキャンプでWindows10を入れる方法。
特にパーティションが切れない時の問題解決。


1. Windows10のアプリケーション、プロダクトキーを用意する。

2. Macintosh HDのバックアップをとる。マイクロソフトのhttps://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO
ここでwindows10, 日本語、64bitダウンロードを選んでダウンロードしたものをインストール用に選ぶ。

3. 単純にBoot Campアシスタントを試してみる。うまくいけばこのまま。

パーティションが切れないとでたら、OS High Sierraをクリーンインストールする必要がある。HDにも不具合があるかもしれない。

4. option, command, R, 起動ボタンで立ち上げディスクユーティリティでHDをクリーンにする。

それには、最初にHDを消去、FirstAidをかける。それも念入りにする必要がある。
コンテナdisk, その他のパーティション、一番上のHD(今回は、APPLE SSD SM2048L Media)も消去、FirstAidをかける。
もしパーティションがあるなら最初にパーティションの結合をしてからデータ消去、FirsAidを行う。
これで、一番上のHD(今回は、APPLE SSD SM2048L Media)の下にコンテナdisk1にMacintosh HDがあればいい。

option, command, R, 起動ボタンで、再び再起動してもいいし、そのまま、OSの再ンインストールをする。
そこでHigh Sierraがクリーンインストールができる。

そして、Boot Campアシスタントを立ち上げて、isoはダウンロードしたものを選び、パーティションの容量を設定してインストールする。
これでできるはずである。ウィンドウス10が立ち上がったらプロダクトキーを入力する。

これでできるはずである。

後からの感想は、やっぱり新しくMacbook Proを買ったら、最初にBootCampを入れた方がいい。まずはクリーンインストールされたOSでするのが安全だろう。
その後Macintosh HDを移行アシスタントによってバックアップから戻した方が安全だ。


以下は失敗編である。BootCampができるまでにここまでに何度も失敗があった。


かならずBoot Campアシスタントを使わないといけない。パーティションはデスクユーティリティで切ってはいけない。これは、アプリケーション/ユーティリティの中にある。
そして、これからが問題。

今回は、Sierraからアップデートをしたものからやったのだが、
使ったのは、MacBook Pro (15-inch, 2017) APPLE SSD SM2048L SSDである。

まず素直に、Windows10 proを入れようとしたのだが、
まずWindows10 proのUSBをisoに変換するところからしたのだが、これが間違い。
そしてパーティションを切ろうとしたが、できなかった。

まずディスクユーティリティで確認すると

APPLE SSD SM2048L Mediaの下に、
コンテナdisk2にMacintosh HDが入っている。なぜdisk2なのだろうか?

これはtime machine、移行アシスタントを使って以前のMacbook Proから移行したのであるが、以前のMacbook ProもBoot Campが入っていてパーティションが切ってあった。
それが関係しているのかもしれない。

再三試したが、まずは、Boot Campアシスタントでパーティションが切れない。
そこで、ディスクユーティリティでこのHDがパーティションが切れるか試して見た。 なぜかパーティションが切れないのである。
これはHD自体に問題があるかもしれない。もしくは再度全体のHDをFist Aidで直した方が良さそうと判断した。

そこで、OS High Sierraをクリーンインストールすることにした。
これは、option, command, R, 起動ボタンで立ち上げる。ネットからハードディスクが立ち上がり。そこで、ディスクユーティリティを使う。
クリーンインストールするには、最初にHDを消去、First Aidをかける。それも念入りに。
コンテナdisk, その他のパーティション、APPLE SSD SM2048L Mediaも消去、FirstAidをかけた。

そしてクリーンインストールをする。これは、option, command, R, 起動ボタンで立ち上げたままならそのまま、OSの再ンインストールで良い。
クリーンインストールをした後、そのままBoot Campアシスタントを立ち上げて、BootCampを入れてみる。
そこでまた失敗。購入したWindows10 proのUSBをisoに変換したのをつかったのだが、パーティションが切れた後の、Windows10のインストールで、インストール用のメモリが足りないと出た。
おそらくUSBの容量が多すぎるのだ。そうだマイクロソフトにwindows10をインストールサイトがある。そこからダウンロードした。https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO
ここでwindows10, 日本語、64bitダウンロードを選んでダウンロードしたものをインストール用に選んだ。

そして再度、
そこで、OS High Sierraをクリーンインストールすることにした。
これは、option, command, R, 起動ボタンで立ち上げる。ネットからハードディスクが立ち上がり。そこで、ディスクユーティリティを使う。
クリーンインストールするには、最初にHDを消去、FirstAidをかける。それも念入りに。
コンテナdisk, その他のパーティション、APPLE SSD SM2048L Mediaも消去、FirstAidをかけた。今回はパーティションも切れているので、パーティションの結合などもしないといけない。
パーティションの結合をして、再度data消去、FirstAidをかけたら、コンテナdisk2が、コンテナdisk1になった。

そして再度、Boot Campアシスタントを立ち上げて、ダウンロードしたwindow10の.isoをインストール用にしてパーティションを切ったらうまくいった。
あとはタイムマシンで、バックアップを取ってあるデータを移行アシスタントで移行すれば終了である。

今回はせっかくクリーンインストールしているので、このまま使うことにして見た。

カテゴリ

アクセスランキング

月別アーカイブ

>